敬老の日に何を手渡すか

  • 敬老の日は世界各地で存在した

    • 日本だけではなく、海外でも敬老の日が損座している地域はあります。
      隣国中国では9月9日と定められており、その日は多くの人が親孝行をする人して、高齢者の施設に足を運ぶことも少なくありません。

      敬老の日を考える人にお勧めの情報を公開しているサイトです。

      ただし、1年のうち1日だけ高齢者に親孝行をすることは、決して親孝行ではないと考える声も出てきており、中国国内で論議が続いています。

      特に介護施設では普段は放置しているくせにこの日だけ高校をするとは何事かという意見もあるといわれているため、高齢者に対しての対応が今後の問題とされているのが現状です。
      それ以外の国では韓国でも敬老の日は存在していますが、祝日ではありません。


      そのため、その日に親や祖父母に高校をしようという流れは存在していないといいます。


      ただし、その日がいつなのか知らないという人も多いため、今後高齢者をいたわる日となるのかは韓国人の間で決められることでしょう。米国ではナショナルグランドペアレンツデーと呼ばれる、9月の第2月曜がその日です。
      米国では1969年に1人の少年が当時の大統領に提案したことをきっかけに、10年後に祝日となりました。



      高齢者に感謝の気持ちを込めた手紙や、花束を贈ることが定番とされています。

      イタリアでは7月26日と10月2日に高齢者をねぎらう日が存在しています。



      7月26日は2人の聖人へ祈りをささげるイベントが行われることが多く、10月2日を敬老の日だと認識している人が多いです。

      ただしイタリアでは祖父母の日と呼び、祖父母を孫がお祝いすることが多く、日本ほど大々的ではありません。